複素関数(読み)フクソカンスウ

  • ふくそかんすう ‥クヮンスウ
  • ふくそかんすう〔クワンスウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 複素数に複素数を対応させる関数。すなわち、複素数のある集合Dの各要素にそれぞれ一つずつ複素数を対応させる規則が与えられたとき、その規則のことをDの上の複素関数という。⇔実関数

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の複素関数の言及

【関数論】より

…複素関数論ともいい,数学の中の解析学の一つの分野である。独立変数と従属変数が複素数であるような関数を複素関数というが,関数論はそのうち正則関数およびそれに関連する関数を対象とする。…

※「複素関数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android