西域図記(読み)せいいきずき(英語表記)Xi-yu tu-ji; Hsi-yü t`u-chi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西域図記
せいいきずき
Xi-yu tu-ji; Hsi-yü t`u-chi

中国,隋代の中央アジア地誌裴矩撰。大業1 (605) 年につくられたが散逸し,諸書に引用されたものによってうかがわれるのにすぎない。南道,中道,北道の中央アジアの3ルートをあげていることが注目される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android