コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西州 せいしゅうXi-zhou; Hsi-chou

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西州
せいしゅう
Xi-zhou; Hsi-chou

中国,唐代の西域経営の最重要拠点。 640年に,トゥルファン (吐魯番) 盆地の漢人政権であった麹氏高昌国を滅ぼして,その旧都高昌城 (→カラ・ホージョ〈哈拉和卓〉 ) を中心として設けられた唐の直轄領。軍事的拠点はほかの地に移されたこともあったが,西州の重要性に変りはなかった。しかし,8世紀末チベットの進出により,その勢力下に入った。漢人が多かったが,トルコ系住民も雑居していたらしい。9世紀後半以後はウイグル人が進出し,「西州回鶻」の名で中国側に呼ばれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

西州の関連キーワードフレーデフォートモロクウェン・クレーター3空港問題と関西広域連合ピラネスバーグ国立公園大阪府庁WTC移転構想フレーデフォートドームウエスタン・クロム鉱山フレデフォート・ドームスティルフォンテーンマハールワーリー制度プレトリア国立動物園ポチェフストルームWTC府庁移転構想ラステンバーグ鉱山クレルクスドルプ突厥(とっけつ)クラークスドルプカールトンビルカラ・ホージョ大阪都と関西州

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西州の関連情報