西成甫(読み)にし せいほ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西成甫 にし-せいほ

1885-1978 大正-昭和時代の解剖学者,エスペラント運動家。
明治18年1月6日生まれ。東北帝大,東京帝大の教授などをつとめ,昭和24年群馬大学長となる。エスペラントの普及に尽力し,日本エスペラント学会理事長をつとめた。昭和53年8月17日死去。93歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「人体局所解剖図譜」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にしせいほ【西成甫】

1890~1978) 解剖学者。ドイツの比較解剖学を日本に広め、特に体幹筋の研究で多大な業績を残した。脊椎動物の歴史性を追求した著「比較解剖学」は、日本の形態学に画期的影響を与えた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android