コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西成甫 にし せいほ

2件 の用語解説(西成甫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西成甫 にし-せいほ

1885-1978 大正-昭和時代の解剖学者,エスペラント運動家。
明治18年1月6日生まれ。東北帝大,東京帝大の教授などをつとめ,昭和24年群馬大学長となる。エスペラントの普及に尽力し,日本エスペラント学会理事長をつとめた。昭和53年8月17日死去。93歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「人体局所解剖図譜」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

にしせいほ【西成甫】

1890~1978) 解剖学者。ドイツの比較解剖学を日本に広め、特に体幹筋の研究で多大な業績を残した。脊椎動物の歴史性を追求した著「比較解剖学」は、日本の形態学に画期的影響を与えた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西成甫の関連キーワード岡島敬治小川睦之輔小川鼎三関正次長松英一橋本広三郎藤田恒太郎布施現之助細川宏森於菟

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone