コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西村九郎右衛門 にしむら くろうえもん

2件 の用語解説(西村九郎右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西村九郎右衛門 にしむら-くろうえもん

?-1633 江戸時代前期の版元。
京都で営業し,おもに真宗大谷派の仏書を出版した。代々九郎右衛門を名のり,維新後は護法館と称した。寛永10年7月25日死去。屋号は丁字屋。堂号は空華堂。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

西村九郎右衛門

寛永年間(1624~44)から昭和15(1940)年まで営業した京都書肆の老舗。屋号を丁字屋,堂号を空華堂といい,代々九郎右衛門と称した。明治以降の館号は護法館。店は,初め五条橋通高倉扇屋町,のち六条下数珠屋町に移った。貞享2(1685)年刊『京羽二重』の書物屋の項に一向宗の書を扱う店として記されており,当時から有力書肆として活発な出版活動を行っていた。刊行書には,東本願寺の御用書肆として,浄土真宗東本願寺派を中心とした仏書,および僧侶の著書が多く,鈴木正三の『因果物語』『破吉利支丹』や浅井了意の著なども取り扱った。同じく仏書を扱う西村七兵衛(のちの法蔵館)はこの店の分家である。

(安永美恵)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西村九郎右衛門の関連キーワード起倒流黒江塗膳所焼柳川流志戸呂焼新町久米の井有馬丹山岡寿元津田弁作

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone