コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地方直し じかたなおし

2件 の用語解説(地方直しの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

地方直し【じかたなおし】

江戸時代,幕府が蔵米(くらまい)取(俸禄)の旗本(はたもと)に地方を知行(ちぎょう)として与えることをいう。1633年の大規模な地方直しは旗本の窮乏対策とともに,新たに制定された三番士の軍役制の整備と関連しているという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じかたなおし【地方直し】

江戸時代,幕府が蔵米取りの旗本に地方を知行として与えることをいう。1633年(寛永10)と97年(元禄10)の地方直しが大規模かつ有名である。寛永の地方直しでは1633年2月7日御書院番,御花畠番(小姓番),大番の隊士1000石以下の者に一律200石ずつ加増され,それまで蔵米を支給されてきた者は知行地に直して200石ずつ与えられた。この地方直しの実施は旗本の窮乏を救済すると同時に,この総加増が同年に制定された三番士の軍役制の整備と密接な関連があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone