西村寅三(読み)にしむら・とらぞう

朝日日本歴史人物事典の解説

没年:昭和1(1926)
生年:明治5(1872)
明治大正期の科学者。明治33(1900)年,東京帝大農科大学卒業後,麦酒・醤油醸造研究を経て,水産講習所で細菌学,微生物学講義。ふのり,昆布,鰹節の黴付けとともに漁網強化のための染網を研究した。化学染料(日高染料)を創案した。

(加瀬和俊)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android