西村寅三(読み)にしむら・とらぞう

朝日日本歴史人物事典の解説

西村寅三

没年:昭和1(1926)
生年:明治5(1872)
明治大正期の科学者。明治33(1900)年,東京帝大農科大学卒業後,麦酒・醤油醸造研究を経て,水産講習所細菌学,微生物学を講義。ふのり,昆布,鰹節の黴付けとともに漁網強化のための染網を研究した。化学染料(日高染料)を創案した。

(加瀬和俊)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android