コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西田利貞(読み)にしだとしさだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西田利貞
にしだとしさだ

[生]1941.3.3. 千葉
[没]2011.6.7. 京都
動物学者,日本モンキーセンター所長。野生チンパンジー研究の第一人者として知られた。京都大学理学部動物学科を経て同大学院に進み,1969年に理学博士号取得。伊谷純一郎に師事し,霊長類生態学の研究に携わる。1965年からタンザニアのマハレ山塊に長期滞在して野生チンパンジーの生態研究を始めた。個体識別によって,チンパンジーが父系社会であること,雌がほかの集団に嫁ぎ集団間を移動することなど,人間に近い高度な社会性をもつことを世界にさきがけて解明した。東京大学助教授を経て 1988年に京都大学教授。2004年からは日本モンキーセンター所長を務め,大型類人猿の保全に尽力した。国際霊長類学会や日本霊長類学会の会長を歴任。1990年にジェーン・グドール賞,2008年に日本人で初めて人類学ノーベル賞といわれるリーキー賞を受賞。同 2008年に国際霊長類学会の生涯功労賞も受けた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android