コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西突厥 にしとっくつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西突厥
にしとっけつ

突厥」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の西突厥の言及

【突厥】より

…オアシス地帯と東西通商ルートを抑えた西面可汗の勢力にくらべると,モンゴリアの突厥は大可汗のほかに小可汗が分立し不安定であった。 583年には西面可汗が独立して西突厥といわれ,のち射匱(しやき)可汗,トン・ヤブグ・ハガン(統葉護可汗)のころ最盛期を迎えた。西突厥は単に〈十姓〉〈十箭〉〈オン・オクOn Oq〉とも呼ばれ,それがイリ(伊犂)・天山北麓方面と天山西方方面とに分かれていたという。…

※「西突厥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

西突厥の関連キーワードシャバンヌ(Emanuel Edouard Chavannes)総合年表(北・東・東南アジア)チュルギシュ(突騎施)トン・ヤブグ・ハガン突厥(とっけつ)イステミ・カガンシルク・ロードスーイ・アーブサマルカンドトルキスタンソグディアナ中央アジア史トゥルギシュ阿史那賀魯統葉護可汗阿史那社爾カングリ族タシケント東西交渉史北庭都護府

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android