突厥(読み)とっけつ(英語表記)Tu-jue; T`u-chüeh; Türk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

突厥
とっけつ
Tu-jue; T`u-chüeh; Türk

6世紀中頃から8世紀中頃まで,モンゴル中央アジアを支配したチュルク族阿史那 (あしな) 氏の建てた遊牧国家。もとは柔然の支配下にあったが,阿史那氏に土門 (→伊利可汗 ) が出るに及んで強大となり,鉄勒諸部を従え柔然から独立した (552) 。第3代の木杆可汗 (もくかんかがん) にいたり柔然を滅ぼし,契丹,キルギスを破り,また西方ではエフタルをも破った。突厥の国家は中央部を大カガンが支配するほか,多くの小カガンが分立していたが,583年西部を支配した西面可汗達頭 (たっとう) は大カガンから独立し,突厥は東西に分裂した。東突厥はしばらく強勢を誇ったが,その支配下にあった鉄勒諸部の反乱を受け,630年に帰付して一時消滅し,西突厥も7世紀の末に内紛で滅んだ。東突厥は7世紀末に阿史那骨咄禄 (あしなこっとつろく) が出て復興し,みずからイルテリシュ・カガンと称した。以後数代にわたってモンゴルを支配したが,内紛を生じ,744年鉄勒の一部ウイグルに滅ぼされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

突厥

552年にイリ可汗(カガン)が突厥第1帝国を樹立。隋の分断策で東西に分裂するなどし、東突厥は630年に唐の支配下に。682年に再び唐から独立して突厥第2帝国を築いたが、744年にウイグルに滅ぼされた。

(2013-07-17 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

とっくつ【突×厥】

とっけつ

とっけつ【突×厥】

Türk音写》6~8世紀にかけて、モンゴルから中央アジアを支配したトルコ系遊牧民族。また、その国。ササン朝ペルシアと協力してエフタルを滅ぼし大帝国となったが、583年には東西に分裂。モンゴル高原を支配した東突厥は、630年、の攻撃で滅び、中央アジアを支配した西突厥も唐に討たれ、7世紀末に滅亡。東突厥はその後一時復興したが、8世紀初めウイグルに討たれ滅亡。とっくつ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

突厥【とっくつ】

6世紀中ごろから約200年モンゴリア・中央アジアを支配したトルコ系部族とその遊牧国家。〈とっけつ〉とも。チュルクの複数形チュルキュトの音訳アルタイ山脈の南西に興り,柔然に代わってジュンガリア以北を支配したが,6世紀後半東西に分裂し,東突厥は630年に服属,8世紀中ごろウイグルに滅ぼされ,西突厥は8世紀初頭に唐に服属した。突厥文字で刻まれた突厥碑文オルホン碑文)やソグド文字の碑文が残されている。
→関連項目エフタルキルギスシベリア貞観の治ゼマルコスハーンハンガイ[山脈]

突厥【とっけつ】

突厥(とっくつ)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とっくつ【突厥 Tū jué】

6~8世紀に北アジアを中心とし中央アジアをも支配したトルコ系部族およびそれを中心とする遊牧部族連合国家の名称。呼称はチュルクTürkの音訳で,〈とっけつ〉とも呼ばれる。その君主は可汗またはハガン(カガン)Qaghanと呼ばれる。その下に小可汗(小ハガン),葉護(ヤブグ)などの諸侯がいて,支配階層を形成した。アルタイ山脈の南西麓にいた阿史那氏の族長土門(チュメンTümän)はジュンガリアの鉄勒諸部を服属させたのち,552年に柔然を倒して伊利(イルリグIllig)可汗(ブミンBumïn可汗)と称し,モンゴリアの遊牧騎馬民を統合する一方,弟の室点蜜(しつてんみつ)(イステミIstämi可汗,ビザンティン史料のシルジブロスSilziboulosまたはディザブロスDizaboulos)は,エフタルを滅ぼして(567)ソグディアナを手中にし,天山山脈中のユルドゥズ渓谷を本拠とする西面可汗として中央アジアを掌握した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とっくつ【突厥】

とっけつ【突厥】

〔Türk(チュルク)の複数形 Türküt の音訳という〕
六世紀中頃から約二世紀の間、モンゴル高原から中央アジアにかけて支配したトルコ系遊牧民族。また、その国家。六世紀末に東西に分裂。モンゴル高原を支配した東突厥は630年に唐に滅ぼされ、再興したが、八世紀半ばウイグルに滅ぼされた。中央アジアを支配した西突厥は七世紀中頃唐に服属し、のちトゥルギシュに滅ぼされた。とっくつ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とっくつ【突厥】

とっけつ【突厥】

六世紀中頃から、約二世紀間、モンゴル高原・中央アジアを支配したトルコ系遊牧部族と、その国家。六世紀末、東西に分裂。東突厥はモンゴル高原を支配し、六三〇年、唐に滅ぼされたが、七世紀末に再興、八世紀なかばに滅亡した。西突厥は中央アジアを支配し、七世紀中頃、唐に圧迫され、七世紀末に滅亡。
※書紀(720)天智即位前(北野本南北朝期訓)「突厥(トックツ)の王子(せしむ)契苾加力(けいひつかりょく)等と」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

突厥の関連情報