コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

達頭可汗 たっとうかがんDa-tou Ke-han; Tat`ou K`o-han

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

達頭可汗
たっとうかがん
Da-tou Ke-han; Tat`ou K`o-han

突厥帝国西部にいた小カガン (在位 576~603?) 。東ローマ史料はタルドゥ Tardouと伝えている。名をてん厥といい,伊利可汗の弟イステミ・カガンの次子である。名目的には小カガンであったが,その実力は沙鉢羅 (→阿史那賀魯 ) をしのぎ,独立した勢力をもっていた。 583年同じ小カガンの阿波 (あは) が沙鉢羅と反目し達頭のもとに走ったが,これによって突厥は決定的に東西に分裂することになった。しかし 584年今度は達頭と阿波が衝突し,達頭は追われて隋にくだった。 599年大カガンの都藍可汗が部下に殺されると独立して歩迦可汗と号し,東西両突厥の中間に拠り,しばしば隋の北辺を侵したが,603年敗れて吐谷渾 (とよくこん) に逃れた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android