コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

達頭可汗 たっとうかがん Da-tou Ke-han; Tat`ou K`o-han

1件 の用語解説(達頭可汗の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

達頭可汗
たっとうかがん
Da-tou Ke-han; Tat`ou K`o-han

突厥帝国西部にいた小カガン (在位 576~603?) 。東ローマ史料はタルドゥ Tardouと伝えている。名をてん厥といい,伊利可汗の弟イステミ・カガンの次子である。名目的には小カガンであったが,その実力は沙鉢羅 (→阿史那賀魯 ) をしのぎ,独立した勢力をもっていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

達頭可汗の関連キーワード可汗過雁小かん平兵衛在位手鏡ビルゲカガンハルバルガス遺跡突厥(とっけつ)ウァレンティニアヌス[3世]突厥第一帝国

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone