コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西笑 さいしょう

1件 の用語解説(西笑の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西笑 さいしょう

?-? 江戸時代後期の僧。
天台宗。伊予(いよ)(愛媛県)の人。比叡山(ひえいざん)大悲院に住し,楞厳(りょうごん)経,維摩(ゆいま)経などを研究した。また詩をよくし,梅辻春樵(うめつじ-しゅんしょう)と親交があった。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の西笑の言及

【承兌】より

…〈しょうたい〉ともいう。承兌は諱(いみな),字(あざな)は西笑(さいしよう∥せいしよう)。号は月浦または南陽。…

【承兌】より

…〈しょうたい〉ともいう。承兌は諱(いみな),字(あざな)は西笑(さいしよう∥せいしよう)。号は月浦または南陽。…

※「西笑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西笑の関連情報