コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅辻春樵 うめつじ しゅんしょう

美術人名辞典の解説

梅辻春樵

江戸後期の儒学者・詩人。近江坂本日吉神社の神職。別姓に琴、名は希声、字は延調・子琴、別号を豈軒・無絃、通称は勘解由皆川淇園村瀬栲亭にまなぶ。京都に出て開塾し、著に『春樵詩草』がある。安政4年(1857)歿、82才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅辻春樵 うめつじ-しゅんしょう

1776-1857 江戸時代後期の儒者。
安永5年生まれ。皆川淇園(きえん),村瀬栲亭(こうてい)にまなぶ。近江(おうみ)(滋賀県)坂本日吉神社の神職。文化4年職を弟希烈(まれつら)にゆずり,京都で塾をひらく。詩人として知られた。安政4年2月17日死去。82歳。名は希声。字(あざな)は延調,子琴。通称は勘解由(かげゆ)。別姓に琴。別号に愷軒,無絃。著作に「春樵隠士家稿」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うめつじしゅんしょう【梅辻春樵】

1776~1857) 江戸後期の漢詩人。近江の人。名は希声、字あざなは廷調・子琴、春樵は号。京都に住んで儒者・詩人として知られた。著「春樵隠士家稿」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の梅辻春樵の言及

【漢詩文】より

…ここに,漢詩文は日本の風土に完全に根づき,近世文学の一分野として定着した。以後,19世紀に入り文化・文政・天保と,漢詩文の趣味は広く浸透し,菅茶山頼山陽広瀬淡窓梁川星巌,梅辻春樵(うめつじしゆんしよう)など,すぐれた詩人が輩出して,西欧の影響を受けた文学にとってかわられる明治中期までの間,日本文学史上最高の漢詩文隆盛期を現出したのである。【日野 竜夫】
【近代】
 明治は漢学愛好の時代であり,漢詩文は江戸期に劣らず隆盛であった。…

※「梅辻春樵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

梅辻春樵の関連キーワード梅辻秋漁片山九畹進藤香塢中島棕隠丁野南洋西笑

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android