コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西谷観空(読み)にしたに かんくう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西谷観空 にしたに-かんくう

?-? 江戸時代後期の易学者。
天保(てんぽう)(1830-44)ごろの江戸の人。地理学,風水術にくわしく,火事を予知して転居したので人気がたかまったという。名は広愛。字(あざな)は清柳。通称は主膳別号に青雲堂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる