コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西野文太郎 にしの ぶんたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西野文太郎 にしの-ぶんたろう

1869-1889 明治時代の国家主義者。
明治2年生まれ。22年2月11日大日本帝国憲法発布式に参列するため文相官邸をでようとした森有礼(ありのり)を刺し,その場で警官に斬殺(ざんさつ)された。21歳。遺書には「伊勢神宮参詣で有礼に不敬の挙動があり,式典に参列することをゆるさない」とかかれていたという。有礼は翌日死去。山口県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の西野文太郎の言及

【森有礼】より

…阿常との離婚後,87年に岩倉具視の娘寛子と結婚。89年2月11日の憲法発布式の当日,刺客西野文太郎に襲われ,翌日死去した。その著作は大久保利謙編《森有礼全集》全3巻に収められている。…

※「西野文太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

西野文太郎の関連キーワード無神論テロ事件森 有礼

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android