コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森有礼 もりありのり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

森有礼
もりありのり

[生]弘化4(1847).7.13. 鹿児島
[没]1889.2.12. 東京
明治初期の外交官,教育家。子爵。幼名助五郎,金之丞。有礼は号。林子平の『海国兵談』を読んで,海外事情を知る必要を悟り,洋学,漢学を学び武術を修めた。薩摩の藩校に学び,慶応1 (1865) 年沢井鉄馬と変名してイギリスに留学,ロンドン大学に学んだ。ロシアで海軍技術を見学し,アメリカを経て帰朝し,明治1 (68) 年外国官権判事。議事体裁取調御用,公議所議長心得を経たが,官吏,軍人のほかは廃刀すべしと唱えて,武人の反感を買い免官となった。のち,小弁務使に任じられアメリカに駐在。『日本に於ての宗教の自由』 Religious Freedom in Japan (72) ,『日本の教育』 Education in Japan (73) などを著わした。外務大丞,同少輔,清国公使などを経て,イギリス公使となり,外交官として活躍。 1873年明六社の創設を発起し,『明六雑誌』を発刊。開化論,泰西思想の普及に努めた。 85年伊藤博文内閣で,初代文相となり,学制改革に貢献した。日本の戦前期の教育制度の骨格は彼のもとで公布された小学校令,中学校令,師範学校令,帝国大学令の4つの法律によりつくりあげられたとされている。性剛直であったため,宗教上の誤解を招き,大日本帝国憲法公布の日,壮士西野文太郎に暗殺された。著書に『妻妾論』,1972年には『森有礼全集』 (3巻) が刊行された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

森有礼【もりありのり】

明治の政治家。薩摩(さつま)鹿児島藩士出身。1865年藩命により五代友厚らとイギリスに留学。1867年には自ら渡米して勤労と信仰の生活を送り,翌年帰国。新政府に出仕したが,廃刀論を提案して一時免官。
→関連項目高橋是清箕作秋坪

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森有礼 もり-ありのり

1847-1889 明治時代の外交官,政治家。
弘化(こうか)4年7月13日生まれ。もと薩摩(さつま)鹿児島藩士で,藩命で英米に留学。新政府につかえたが廃刀案を否決され辞職。明治3年ふたたびむかえられ,外務大輔,イギリス公使などを歴任。この間明六社を結成,「明六雑誌」を刊行して啓蒙活動をおこなった。18年初代文相となり,諸学校令を制定して教育制度を確立。刺客西野文太郎におそわれ,明治22年2月12日死去。43歳。通称は金之丞。
【格言など】女子は天然の教員なり(持論)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

森有礼

没年:明治22.2.12(1889)
生年:弘化4.7.13(1847.8.23)
初代文部大臣として日本近代学校制度の骨格を造った代表的行政官。薩摩(鹿児島)藩士森有恕と妻さとの5男として鹿児島城下に生まれた。幼名助五郎,のち通称金之丞,さらに有礼と称した。壮心に富み修養に励む少年であった。藩校造士館,開成所(洋学校)に学び,慶応1(1865)年藩からの留学生に選ばれてロンドン大学に学ぶ。3年渡米して神秘主義的キリスト教徒T.L.ハリスの感化を受けた。明治1(1868)年帰国。外国官権判事,議事体裁取調御用などを勤めたが,廃刀案を提起して免官。3年再び召されて少弁務使として米国に赴任。日本でのキリスト教の取り扱いの弁明を意図して《Religious Freedom in Japan》(「日本に於ける宗教の自由」,1872)を発表し,また,米国の識者に日本の教育についての助言を求め,それを編んで《Education in Japan》(「日本の教育」,1873)を刊行した。5年帰国して外務大丞,清国公使,外務大輔などを歴任,一方,福沢諭吉,加藤弘之,西周 ら,当代の代表的知識人を結集して学術結社明六社(1874)を起こし,日本国民の「教育」を意図して『明六雑誌』を刊行した。また,7年米人ホイットニーを招いて商法講習所(一橋大学)を設立した。12年英国公使として条約改正交渉に当たる。来欧中の伊藤博文と教育を論じて共鳴を得,16年帰国するや文部省御用掛となり,18年内閣制度の発足とともに初代文相となった。文相として精力的に小学校令,中学校令,帝国大学令,師範学校令などをもって教育の体制を中央集権的・国家主義的に整え,爾来今日におよぶ学校制度の骨幹を造り上げた。この間,直情径行の振る舞いが物議をかもすことも多かったが,22年2月11日,憲法発布の日の朝,凶刃に刺され,12日死去。<著作>『森有礼全集』全3巻

(村井実)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もりありのり【森有礼】

1847‐89(弘化4‐明治22)
明治前半期の啓蒙思想家,外交官,教育行政家。初代文部大臣。薩摩藩士出身で,1865年(慶応1)藩命により五代友厚らとイギリスに留学。ロンドンで海軍測量術を研究し,ロシアをも巡遊。67年アメリカの宗教家トマス・ハリスを頼って渡米し,勤労と信仰の生活を送り,翌年帰国。明治新政府の徴士となり,議事体裁取調御用,学校取調となる。69年(明治2)公議所議長心得となり,廃刀論を提案したが否決され,一時免官となって帰郷

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

もりありのり【森有礼】

1847~1889) 政治家。薩摩藩出身。1873年(明治6)明六社を創立。85年伊藤博文内閣の文相となり、ドイツの教育思想を取り入れて学制の整備に尽力したが、国粋主義者により暗殺された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

森有礼
もりありのり
(1847―1889)

初代文部大臣として日本の近代学校制度の基調を固めた代表的文教行政官。薩摩(さつま)藩の下士に生まれ、藩校造士館および開成所(洋学校)に学んだ。1863年(文久3)の薩英戦争を体験したのち、1865年(慶応1)には藩の内命でロンドンに留学、ついでアメリカに渡って神秘主義宗教家T・L・ハリスThomas Lake Harris(1823―1906)の感化を受けた。1868年(明治1)に帰国すると、ただちに明治政府に迎えられて徴士外国官権判事となり、ついで議事体裁取調、学校取調兼勤などに任命されたが、廃刀を建議していれられず辞任。1870年少弁務使としてアメリカ在勤を命ぜられて渡米し、外債募集や文化外交の衝にあたった。在任中、英文による『信仰自由論』や『日本の教育』の刊行を試みたが、1873年帰国して外務大丞(だいじょう)、清国(しんこく)公使、外務卿(きょう)代理などを歴任した。この間、明六社(めいろくしゃ)を設け、男女同権を論じて世論を導く一方、商法講習所(のちの一橋大学)を興して商業教育の端緒を開くなど幅広い啓蒙(けいもう)活動を展開した。ついで1879年特命全権公使としてイギリス駐在を命ぜられ、条約改正の交渉を進めたが、1882年の夏伊藤博文(いとうひろぶみ)とパリに会し、教育問題を論じて意気投合し、1884年帰国すると参事院議官、文部省御用掛兼務に任命された。翌1885年内閣制度の成立とともに第一次伊藤内閣の文相となった。1886年には帝国大学令など一連の学校令を公布して学校体系の整備を図り、とくに人材育成のため師範教育を重視し、これに兵式体操を導入した。在任約3か年、東北から沖縄まで全国各地を巡視して学校令の主旨を説いたが、その進歩的思想と果断な性格が誤解を招き、1889年(明治22)2月11日、帝国憲法発布の当日、刺客西野文太郎(にしのぶんたろう)(1869―1889)に襲われ、翌日43年の短い生涯を閉じた。[上沼八郎]
『大久保利謙編『森有礼全集』全3巻(1972・宣文堂) ▽井上勝也著『国家と教育 森有礼と新島襄の比較研究』(2000・晃洋書房) ▽秋枝蕭子著『森有礼とホーレス・マンの比較研究試論』(2004・梓書院) ▽長谷川精一著『森有礼における国民的主体の創出』(2007・思文閣)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の森有礼の言及

【運動会】より

…当初,運動会の性格は一定せず,徒競走などの陸上競技に二人三脚など余興の要素を加味したもの,陸上競技を主体としたスポーツ競技会およびスポーツクラブ,さらには〈壮士運動会〉や〈炬火行列大運動会〉のように,政治集会やちょうちん行列など,運動movementの集会も運動会と称していた。 学校行事としての運動会が普及したのは,85年初代文相森有礼(ありのり)による兵式体操の導入以降のことである。森は体育による集団訓練を重視し,その成果を公表する機会として運動会の施行を極力奨励した。…

【学校】より

…これらが自由民権運動を抑圧するためであることは明らかであり,学校は民衆教化の役割を負わされることになったのである。 ついで伊藤博文内閣の初代文相森有礼の下で,86年小学校令,中学校令,師範学校令,帝国大学令という四つの勅令が出され(学校令),小学校を義務制にするなど教育普及に向けて学校制度が整備されたが,同時に国家による統制は一段と強化された。東京大学(1877創立)を改編した帝国大学についても〈国家の須要に応ずる〉学術を研究・教授するというように目的が示された。…

【学校令】より

…広義には,それ以降1947年3月学校教育法により再び大学から幼稚園までの諸学校が総合規定されるまでの間に公布された,学校種別単行勅令の総称。日本において,近代学校発足当初は学制(1872‐79),教育令(1879‐86)と諸種の学校制度を単一の法令で規定していたが,1885年内閣制度の成立にともない初代文部大臣に就任した森有礼は,政治,経済,社会の今後の変動を予想して,学校制度の追加,修正のたびに大規模な法令改訂を要する単一法令方式に替えて,学校種類ごとに各別の単行法令方式を採用した。立憲制の成立(1889),教育勅語の発布(1890)にともなう教育政策の変化を反映して,森文政期の学校令は1890年代に小学校令(1890)をはじめとして次々に改正され,その後日本の近代化の進展に応じて高等学校令(1894),師範教育令(1897),中学校令,高等女学校令,実業学校令(いずれも1899),専門学校令(1903)等が相次いで公布された。…

【公議所】より

…公議所では勧農,租税,駅逓,貨幣,外交,貿易,鉱山,度量衡,商業,開墾,学校,出版,刑法,軍律,海軍,宗教,陸軍,営繕,水利などを議事の分課とし,積極的な審議を行った。とくに議長代行森有礼,副議長神田孝平ら開明派が審議をリードし,里数改正,通称の廃止,切腹の禁止,火葬廃止,帯刀廃止,入れ墨廃止,人身売買禁止,穢多非人廃止,地租改正など多くの改革案をとりあげて審議した。もちろん保守派の強い反対もあり,すべて答申されたわけではないが,活発な審議を通じて啓蒙的な役割を果たしたことは注目される。…

【修学旅行】より

…C.G.ザルツマン,シュトイKarl Volkmar Stoy,ラインWilhelm Reinらドイツの教育者により,18世紀後半から19世紀にかけて自然学習および身体訓練の目的をもって唱道され組織された徒歩旅行Wanderungen,教育旅行pädagogischer Reisenなどの影響を受けつつも,日本独特の性格をもつ学校行事として展開された。初代文相森有礼による兵式体操重視方策の一環として,1886年2月高等師範学校男子部が千葉県銚子へ実施した行軍旅行が端緒とされる。同校では行軍旅行に自然観察,標本採集,史跡見学など研究・学習目的を加味して〈修学旅行〉と名づけた。…

【授業料】より

…この主張は1872年(明治5)の学制の中に反映されている。これとは対照的に85年初代の文部大臣となった森有礼は,国家に対する国民の教育義務の一部として,義務教育における授業料の支払を課した。19世紀末から労働運動の高揚とともに無償教育の要求が登場し,雑誌《労働世界》は〈教育は人類社会の公有物なり,何人と雖(いえど)も之(これ)を私すべからず〉と主張,西川光二郎は授業料徴収が労働大衆の教育機会を妨げ,教育を〈一商品たらしめて〉いると批判した。…

※「森有礼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

森有礼の関連キーワードI.P. ホール無神論テロ事件東京商科大学東京音楽学校横山壮次郎沢柳政太郎大久保利謙竹添進一郎矢田部良吉神田 乃武新井奥邃関屋綾子西村茂樹町田久成矢野二郎兵式体操外山正一木村熊二神田乃武吉原重俊

森有礼の関連情報