要約勘定(読み)ようやくかんじょう(英語表記)summary account

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

要約勘定
ようやくかんじょう
summary account

決算時に総勘定元帳を締切るために,または決算時に特定金額を勘定から求めるために設定される関係諸勘定の残高を集計する勘定。一期間におけるすべての費用勘定と収益勘定を集計して当該期間の純損益を算出する集合損益勘定,大陸式決算において資産,負債,資本を集計する閉鎖残高勘定と開始残高勘定,借方に前期繰越と当期仕入を,貸方期末棚卸と当期売上を記入して売上総利益または売上総損失を表示する商品売買勘定,多数の償却資産減価償却費を集計する減価償却費勘定などがその例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android