コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覆瓦状構造 ふくがじょうこうぞうimbricate structure

岩石学辞典の解説

覆瓦状構造

破砕された堆積物(通常は礫岩)の主な偏平な面が,川や海浜など水流の強い所では上流に向かって傾斜して,互いに瓦を並べたように積み重なって配列する状態[Jamieson : 1860, Pettijohn : 1975].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

覆瓦状構造の関連キーワードインブリケーション屋根板構造

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android