規模別株価指数(読み)キボベツカブカシスウ

デジタル大辞泉の解説

きぼべつ‐かぶかしすう【規模別株価指数】

東証一部上場株式を、時価総額流動性(売買の活発さ)の観点で、大型株(上位100銘柄)、中型株(101位~500位)、小型株(501位~)の各グループに分け、それぞれの値動きを指数化した指標。昭和43年(1968)1月4日の各時価総額を100とする。全銘柄対象のTOPIX等と比較することで、市場動向を細かく把握できる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android