コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

規模別株価指数 キボベツカブカシスウ

デジタル大辞泉の解説

きぼべつ‐かぶかしすう【規模別株価指数】

東証一部上場株式を、時価総額流動性(売買の活発さ)の観点で、大型株(上位100銘柄)、中型株(101位~500位)、小型株(501位~)の各グループに分け、それぞれの値動きを指数化した指標。昭和43年(1968)1月4日の各時価総額を100とする。全銘柄対象のTOPIX等と比較することで、市場動向を細かく把握できる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android