大型株(読み)おおがたかぶ

  • おおがたかぶ おほがた‥
  • おおがたかぶ〔おほがた〕

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

発行済式総数が2億株を超える会社の株のこと(東証分類)。市場では、資本金1000億円以上の鉄鋼電機電力造船、総合化学株などのことを指し、およそ10億株以上の規模銘柄を言う事が多い。規模別の分類は、上場会社ごとに定款で定められた1単位の株式数が異なるため、算出方法は、上場株式数×1000株/1単位の株式数の株式数で行なう。資本金が大きく、発行株式数も多いため、必然売買される数量も増える。よって大幅な価格変動は少なく、逆に大の買いが発生しないと、株価も上昇しない。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

投資信託の用語集の解説


上場から6ヶ月以上経過した東証市場第一部銘柄中、時価総額流動性が高い上位100銘柄のこと。大型株の銘柄には資本金が大きく発行された株式数が多いので、株主数や市場で売買される量も多い。そのため、小型株と異なり、大量の買いがないと株価が上がりにくいという特徴がある。

出典 (社)投資信託協会投資信託の用語集について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 資本金の大きな会社の株式。主に鉄鋼、重電、造船などの大会社の発行している株式をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大型株の関連情報