コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

視力障害 シリョクショウガイ

デジタル大辞泉の解説

しりょく‐しょうがい〔‐シヤウガイ〕【視力障害】

近視・遠視乱視などの屈折異常、調節機能の異常、視野狭窄(しやきょうさく)などで視力が低下している状態。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しりょくしょうがい【視力障害】

眼球自体または視神経系の障害によって視力が低下した状態。程度により、全盲・半盲(準盲)・弱視などがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

視力障害の関連キーワードミオクローヌスてんかん揺さ振られっ子症候群頸動脈・海綿静脈洞瘻ラージプリントブック皮膚サルコイドーシス網膜剥離・網膜剝離一過性脳虚血発作角膜腎臓移植法テイサックス病白内障/緑内障非増殖網膜症未熟児網膜症多発性硬化症四丘体症候群視神経脊髄炎ロービジョン高血圧性脳症並木文右衛門視能訓練士硝子体混濁

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

視力障害の関連情報