コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

視診 シシン

大辞林 第三版の解説

ししん【視診】

( 名 ) スル
目で見て診療すること。患者の顔色・皮膚の色・体格・栄養の状態などで判断すること。部位によっては内視鏡による診察が広く行われる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の視診の言及

【医療】より

…内科系の診療科目として,内科,小児科,精神科,消化器内科,循環器内科,呼吸器内科,神経内科などがあり,外科系の診療科目として,外科,眼科,耳鼻咽喉科,口腔外科,産婦人科,泌尿器科,皮膚科,整形外科,脳外科,胸部外科,放射線科などがある。
【診断】
 診断とは,患者が訴えるいろいろな病気の症状を,医師が以下のような問診,視診,触診,打診,聴診,および種々の臨床検査によって病気を見きわめることである。診断は,その病気が何病であるかをきめるだけでは完全ではない。…

【四診】より

…中国伝統医学(日本の漢方医学も含める)で用いられている望,聞,問,切の4種の診断法をいう。望とは視診であって,黄疸とか皮膚の発疹の観察のように西洋医学と共通するものもあるが,栄養状態とか皮膚の色沢などから患者の一般状態を判断し,それを治療に大きく反映させるという,より積極的な意義ももっている。外観のほかに重視されるのは舌診であって,舌苔の状態が細かく分類されている。…

※「視診」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

視診の関連キーワード尖圭コンジローマ(男性の)口腔のしくみとはたらき音声障害(声の病気)早発月経/遅発月経腎盂がん/尿管がん陰茎形成性硬結症子どもの音声障害子宮頸がんの予防慢性収縮性心膜炎精巣(睾丸)腫瘍女性性器の損傷痔核(いぼ痔)咽喉頭異常感症コルポスコープ医学的他覚所見尿管開口異常口腔異常感症外耳良性腫瘍外耳道閉鎖症人間ドック

視診の関連情報