コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚和 かくわ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚和 かくわ

?-? 鎌倉時代の僧。
真言宗。桜池院の恵深に師事する。また阿弥陀院覚心の弟子ともいう。正和(しょうわ)元年(1312)高野山執行代(しゅぎょうだい)となり,のち成就院にうつった。字(あざな)は日円。法名は別に覚阿。著作に「二教論上聞書」「性霊(しょうりょう)集註」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

覚和の関連キーワードいつも何度でもいのちの名前鎌倉時代天童正覚従容録真言宗

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

覚和の関連情報