コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

性霊 セイレイ

デジタル大辞泉の解説

せい‐れい【性霊】

心の霊妙な働き。また、たましい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいれい【性霊】

霊妙な心。たましい。精神。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の性霊の言及

【袁宏道】より

…20歳代から反伝統主義思想家の李贄(りし)(卓吾)に師事して批判精神を鍛えられ,当時の文壇を支配していた〈古文辞〉派の擬古主義を激しく攻撃した。その詩論で強調される〈性霊〉の発露とは,先験的に内在する純粋な詩精神の流露を目ざし,形式的な古典規範の模倣を拒否するものであった。しかしその理想は楽天的・高踏的なロマンティシズムの域を出ず,また彼自身のエピキュリアン的な資質の制約から,擬古主義の大勢を崩すまでにはいたらなかった。…

※「性霊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

性霊の関連キーワード淡淡・澹澹海岳・海嶽酒人内親王牢籠・牢篭青山杉雨公安派性霊集袁宏道蒋士銓度する方円不二蠕動茶湯呉織運敞覚和空海真済牢籠

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

性霊の関連情報