覚束な(読み)おぼつかな

精選版 日本国語大辞典の解説

おぼつか‐な【覚束な】

(形容詞「おぼつかなし」の語幹) はっきりしないこと。また、そのため気がかりなこと。
※左大臣時平歌合(905‐908)「おぼつかな秋来るごとに蘭(ふぢばかま)たがためにとか露の染むらむ」
※大観本謡曲・土蜘蛛(室町末)「不思議やな、誰とも知らぬ僧形の、深更に及んでわれを訪ふ、その名はいかにおぼつかな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android