親思う心にまさる親心(読み)おやおもうこころにまさるおやごころ

ことわざを知る辞典「親思う心にまさる親心」の解説

親思う心にまさる親心

を思うよりも、親が子を思う心はさらに深い。

[解説] 吉田松陰辞世上の句として知られ、古くは「土左日記―承平五年一月一一日」の「世の中におもひやれども子を恋ふるおもひにまさるおもひなきかな」にも通じます。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「親思う心にまさる親心」の解説

おや【親】 思(おも)う心(こころ)にまさる親心(おやごころ)

子が親を思うよりも、子を思う親の心はいっそう深いということ。
※父叔兄宛吉田松陰書簡‐安政六年(1859)一〇月二〇日「親思ふこころにまさる親ごころけふの音づれ何ときくらん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「親思う心にまさる親心」の解説

おやおもこころにまさる親心おやごころ

吉田松陰の歌「親思ふ心にまさる親心けふの音づれ何ときくらん」から》子が親を思う心よりも、子を思いやる親の気持ちのほうがはるかに深いということ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android