コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田松陰 よしだ しょういん

14件 の用語解説(吉田松陰の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

吉田松陰

幕末の勤王家・思想家・教育者。長州生。長州藩士杉百合之助の次男。山鹿流兵学師範吉田家を継ぐ。名は矩方、通称は寅次郎、別号に二十一回猛士。江戸に出て、安積艮斎、山鹿素水、佐久間象山らに学ぶ。安政元年下田の米艦に搭乗を計り失敗、投獄ののち生家に幽閉されるが、ここで松下村塾を開き、高杉晋作久坂玄瑞伊藤博文山県有朋ら多くの門人を育てた。討幕論を唱え、老中間部詮勝暗殺を画策して投獄され、安政の大獄により獄中で刑死した。安政6年(1859)歿、30才。明治22年贈正四位。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

吉田松陰

1830~59。長州藩出身。54年、下田沖の米・ペリー艦隊(黒船)に密航を企てて失敗し投獄された。出獄後は萩で松下村塾(しょうかそんじゅく)を開き、高杉晋作や伊藤博文、山県有朋ら維新の人材を多く育てた。日米修好通商条約に絡んで幕府を批判して再び投獄され、安政の大獄で死罪となった。

(2014-01-29 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よしだ‐しょういん【吉田松陰】

[1830~1859]幕末の思想家・尊王論者。長州藩士。名は矩方(のりかた)。通称、寅次郎。欧米遊学を志し、ペリーの船で密航を企てたが失敗して入獄。出獄後、萩に松下村塾を開き、高杉晋作伊藤博文らの多くの維新功績者を育成。安政の大獄で刑死。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

吉田松陰【よしだしょういん】

幕末の志士,思想家。長州藩の下級武士杉常道の子。名は矩方。通称寅次郎。10歳にして藩校明倫館で講義を行った。山鹿流軍学師範を務め,1851年江戸に出て佐久間象山に師事。
→関連項目伊藤博文木戸孝允久坂玄瑞高杉晋作前原一誠李贄

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田松陰 よしだ-しょういん

1830-1859 幕末の武士,思想家,教育者。
文政13年8月4日生まれ。杉百合之助(ゆりのすけ)の次男。杉民治の弟。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。山鹿(やまが)流兵学師範の叔父(おじ)吉田大助の仮養子となり,兵学と経学をまなぶ。9歳のときから藩校明倫館で山鹿流兵学を教授。嘉永(かえい)3年から諸国を遊学して会沢正志斎,安積艮斎(あさか-ごんさい)らに従学。6年から佐久間象山(しょうざん)に砲術,蘭学をまなぶ。7年下田沖のアメリカ軍艦で密航をはかるが失敗。幽閉された生家に,安政4年松下村塾(もとは外叔父玉木文之進の家塾)をひらき,高杉晋作,伊藤博文らにおしえるが,安政の大獄で6年10月27日刑死した。30歳。名は矩方。通称は寅次郎。別号に二十一回猛士。
【格言など】身はたとひ武蔵の野辺に朽ちぬともとどめおかまし大和魂(辞世)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

吉田松陰

没年:安政6.10.27(1859.11.21)
生年:天保1.8.4(1830.9.20)
幕末の長州(萩)藩士。尊攘派の志士。諱は矩方,通称寅次郎,松陰は号。父は藩士杉百合之助,母は滝。山鹿流兵学師範の吉田家を継ぐ。嘉永3(1850)年九州を遊学。翌年江戸に出て安積艮斎,山鹿素水,佐久間象山に経学,兵学を学ぶ。12月,友人との約束により藩から許可を得ないまま東北を遊歴,咎められて士籍を削られ,杉家育となる。同6年江戸に赴き,折から来航中のペリーの黒船を視察。象山の勧めもあり海外渡航志を立てる。翌安政1(1854)年3月下田に停泊中のペリーの艦隊に同行を求め拒絶されて自訴,江戸伝馬町の獄に送られ,次いで萩の野山獄に移される。このときより「二十一回猛士」の別号を用いる。生涯21回の猛心を発しようとの覚悟である。時に25歳。また同獄の人に教授を行う。唯一の女性の友人ともいうべき高須久との交流が始まるのもこのときである。12月出獄し杉家に幽居。 安政3年宇都宮黙霖からの書簡に刺激を受け,一君万民論を彫琢。天皇の前の平等を語り,「普天率土の民,……死を尽して以て天子に仕へ,貴賤尊卑を以て之れが隔限を為さず,是れ神州の道なり」との断案を下す。翌年11月,杉家宅地内の小屋を教場とし,叔父玉木文之進の私塾の名を受けて松下村塾とする。高杉晋作,久坂玄瑞,吉田稔麿,山県有朋,伊藤博文らはその門下生である。同門下生のひとり正木退蔵の回顧によれば,身辺を構わず常に粗服,水を使った手は袖で拭き,髪を結い直すのは2カ月に1度くらい,言葉は激しいが挙措は穏和であったという。安政5年7月日米修好通商条約調印を違勅とみて激昂,藩主毛利敬親に幕府への諫争を建言,また討幕論を唱え,老中間部詮勝暗殺を画策。12月藩命により下獄。翌6年6月幕命により江戸に送られる。10月25日死を予知して遺書を書き始め,翌日の暮れにおよぶ。冒頭に「身はたとひ武蔵の野辺に朽ぬとも留め置かまし大和魂」の句を置き,全編を『留魂録』と命名。その翌日,斬に処せらる。年30歳。<著作>『吉田松陰全集』<参考文献>徳富蘇峰『吉田松陰』,広瀬豊『吉田松陰の研究』

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江戸・東京人物辞典の解説

吉田松陰

1830〜1859(天保元年〜安政6年)【思想家】高杉晋作、伊東博文らを教育。 堂々と幕府を批判して死罪に。幕末の思想家。教育者。長州藩士。長崎・平戸へ遊学、兵学を学ぶ。江戸に上り、佐久間象山に師事、西洋砲術と蘭学を学ぶ。ペリーが下田に来航したとき密航するが、失敗した。処分を受け、長州藩で投獄、後に幽閉された。幽閉中松下村塾を開き、高杉晋作、伊東博文らを教育。日米修好通商条約問題で幕府を批判し、再入獄。江戸へ移管されると、幕府の取り調べに対し幕政批判を展開したため、死罪となった(安政の大獄)。

出典|財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集の解説

吉田松陰

 江戸時代終わりの萩藩志士[しし]の1人です。松下村塾[しょうかそんじゅく]で高杉晋作[たかすぎしんさく]や久坂玄端[くさかげんずい]など後に活躍した人たちを教えていました。しかし、幕府にとらえられ、刑死しました。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

吉田松陰

河上徹太郎の小説。幕末の思想家、吉田松陰の人物像を描く。1968年、第21回野間文芸賞受賞。

吉田松陰

山岡荘八の歴史小説。1968年刊行。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

よしだしょういん【吉田松陰】

1830‐59(天保1‐安政6)
幕末の志士,教育者。諱(いみな)は矩方(のりかた),字は義卿,通称寅次郎。松陰は号。長州藩士杉百合之助の次男として萩郊外の松本村に生まれ,山鹿流兵学師範吉田大助の養子となった。叔父玉木文之進らの教育を受け,11歳で藩主に《武教全書》を講じて早熟の秀才であることを認められた。1850年(嘉永3)九州を巡遊して平戸に山鹿家を訪れ,家学の歴史を探った。翌51年には江戸に出て西洋兵学を知る必要性を痛感し佐久間象山に入門したが,直接原書につく勉強法には進まなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

よしだしょういん【吉田松陰】

1830~1859) 幕末の尊王論者・思想家。長州藩士。名は矩方のりかた、通称は寅次郎。兵学を学び、長崎・江戸に遊学、佐久間象山に師事した。ペリー再来の時、密航を企てて、下獄。のち萩の自邸内に松下村塾を開き、高杉晋作・久坂玄瑞・伊藤博文ら維新の指導者を育成。安政の大獄に連座、刑死した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉田松陰
よしだしょういん

[生]天保1(1830).8.4. 長門
[没]安政6(1859).10.27. 江戸
江戸時代末期の思想家,尊王論者。名は矩方 (のりかた) ,通称は寅次郎,号は二十一回猛士。父は長州藩士杉百合之助。5歳のとき叔父吉田大助の養子となり,山鹿流軍学の家学を継ぎ,長州藩兵学師範となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉田松陰
よしだしょういん
(1830―1859)

幕末期長州藩の志士、思想家、教育者。幼名は大次郎(だいじろう)・寅次郎(とらじろう)・寅之助、名は矩方(のりかた)、号を二十一回猛士という。生家は無給通(むきゅうどおり)、23石取。父は杉百合之助(すぎゆりのすけ)(1804―1865)、松陰は次男であった。幼くして吉田家に養子となったが、同家は大組(おおぐみ)で禄高(ろくだか)40石、山鹿流(やまがりゅう)兵学師範の家であった。
 松陰30歳の短い生涯は多難に満ちている。しかし、これは大別すると3期に分けることができる。第1期は18歳までの少年時代、第2期は24歳までの遊学時代、第3期は獄中時代(松下村塾(しょうかそんじゅく))である。
 少年時代、叔父玉木文之進(たまきぶんのしん)や兵学者山田宇右衛門(やまだうえもん)(1813―1867)、山田亦介(またすけ)(1808―1864)から兵学に関する教育を受けた。1838年(天保9)9歳のとき藩校明倫館(めいりんかん)で山鹿流兵学の講義をしたが、これから毎年一定期間明倫館で教授することになった。11歳のとき藩主毛利敬親(もうりたかちか)の前で「武教全書」を講義し、その巧みさに藩主を驚かせた。1844年(弘化1)15歳のときふたたび藩主に講義する機会があり、激賞を受け褒賞を下賜された。
 1848年(嘉永1)19歳で明倫館師範となったが、このとき明倫館再興に関する意見書を提出している。同年、御手当御用掛となり山陰海岸の砲台を巡視し、海防についての報告書を提出する。20歳のとき藩府の許可を得て九州を遊学し、熊本で盟友宮部鼎蔵(みやべていぞう)を知る。21歳のとき兵学研究のため藩主に従って江戸へ出て、佐久間象山(さくましょうざん)らについて広く学ぶ。22歳のとき東北視察に出発するが、藩府の許可を得ない無届出奔であったため、翌1852年の帰藩時、亡命の罪を問われ士籍と禄高を没収される。しかし、藩主敬親の特別の計らいにより、10年の諸国遊学が許される。24歳のとき萩(はぎ)を出発して江戸へ向かうが、途中京都で諸国の志士と交遊を深める。
 1854年(安政1)25歳のとき浦賀に再度来航したアメリカ軍艦に乗り込み、同志金子重之助(1831―1855)とともに海外渡航を企てるが失敗し、幕府に自首する。このため、江戸伝馬町(てんまちょう)の獄舎に入る。幕府は松陰を萩に送り、野山獄(のやまごく)に入る。27歳のとき、藩府は出牢(しゅつろう)を許して生家での禁錮(きんこ)を命ず。出牢した松陰は近隣の子弟を集めて塾を開くが、この塾が、玉木文之進の始めた松下村塾(当時隣家の久保氏が教授)と合体し、やがて松陰が主宰者となる。29歳のとき、松陰は同志17名と血盟し、「安政(あんせい)の大獄」を未然に防止しようと老中間部詮勝(まなべあきかつ)の要撃策を企図する。目的達成のため、この案を藩府要人に示して後援を求めるが、藩府は松陰を危険人物視してふたたび投獄する。松陰は獄中においてもこの策を推進するため門人を動かすが、門人たちも投獄されてこの策は失敗する。1859年30歳のとき、幕府は藩府に松陰の江戸送致を命ずる。江戸に着いた松陰は同年(安政6)10月27日、伝馬町の獄で刑死する。
 松陰の思想は、読破した多くの書籍と恩師や友人から得たいろいろな考えを蓄積して形成された。国禁を破り海外渡航を企てた松陰の考えは「規諫(きかん)の策」であり、外国の実情を実際に見聞してそれを藩主に規諫(直接訴えいさめる)しようとしたものであった。老中間部詮勝要撃策の破綻(はたん)したとき、松陰の到達した考えは「草莽崛起(そうもうくっき)」であった。これは松陰と志を同じくする多くの者が広く立ち上がり、幕府を包囲攻撃するということであった。このような松陰の思想の特徴は、「至誠留魂」の語にみられるように、真心をもって事にあたれば、おのずから志を継ぐ者が現れ道は開けるものだという信念であった。ここに思想と実践の一体化した松陰教育の確信があった。この教育のなかから、高杉晋作(たかすぎしんさく)、久坂玄瑞(くさかげんずい)、伊藤博文(いとうひろぶみ)、山県有朋(やまがたありとも)、吉田稔麿(よしだとしまろ)など、幕末維新期に活躍する門下生が育ったのであった。著述、書簡などを収めた『吉田松陰全集』がある。墓は東京都世田谷(せたがや)区若林町松陰神社。[広田暢久]
『『吉田松陰全集』全11巻(1972~1974/新装版・2012・大和書房) ▽奈良本辰也著『吉田松陰』(岩波新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の吉田松陰の言及

【松陰神社】より

…東京都世田谷区にあり,幕末の志士吉田松陰をまつる。松陰は長州の萩に生まれ,松下村塾(しようかそんじゆく)で多くの門人を育成したが,安政の大獄に連座して1859年(安政6),30歳の若さで処刑され,遺骸は門人の手で小塚原回向院の下屋敷常行庵に葬られた。…

【松下村塾】より

…幕末に長州の萩城下東郊松本村にあった私塾で,吉田松陰が尊攘の志士,維新の元勲を育てたことで知られる。はじめは松陰の叔父玉木文之進の塾で,その名を外叔久保五郎左衛門が継いでいた。…

※「吉田松陰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吉田松陰の関連キーワード藤田小四郎尊攘阿閉権之丞北添佶磨古高俊太郎田中謙助田中長九郎橋口壮介松村大成林助

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉田松陰の関連情報