上の句(読み)カミノク

大辞林 第三版の解説

かみのく【上の句】

短歌で、初めの五・七・五の三句。 ⇔ 下の句
連歌で、五・七・五の長句。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かみ【上】 の 句(く)

① 短歌で、はじめの五・七・五の三句。本(もと)の句。⇔下の句
※古事談(1212‐15頃)二「宿奥州八十島之夜、野中有和歌上句之声
② 連歌で、五・七・五の句。長句。⇔下の句
※連理秘抄(1349)「只上の句にても下の句にても言ひかけつれば、いま半(なから)を付けける也」
③ 俳句で、はじめの五文字の句。
※雑俳・柳多留‐四二(1808)「上みの句で其角は下もの苦を休め」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上の句の関連情報