親方掛(読み)おやかたがかり

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 親方にかかえられている身分。また、その人。主人持。奉公人。
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第一一「徳利に時雨ふり行酒を出せ 親方懸りは神の留守の間」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特任教授

大学・研究機関で特定有期雇用教員について、便宜上「教授」などの名を付したもの。外部研究資金によるプロジェクト等により、講座を開いたり学生の指導をしたりなど、特別の必要があるとき、期間を限って教員を特別...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android