コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

留守/留主 ルス

デジタル大辞泉の解説

る‐す【留守/留主】

[名](スル)
主人や家人が外出している間、その家を守ること。また、その人。留守番。留守居。「―を頼む」
「玄関をはいると雇い人だけが―していた」〈有島・小さき者へ〉
外出して家にいないこと。「三日ほど―にする」「―していまして失礼しました」「居―」
他のことに心を奪われ、その方に気が回らないこと。「お留守」の形でも用いる。「手元が―になる」「仕事が忙しくて家事がお―になる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

るす【留守】

( 名 ) スル
主人や家人などの外出中、その家を守ること。るすい。 「隣に-を頼む」
外出して家にいないこと。 「母は今-です」 「しばらく日本を-にする」 「居-」
(多く「お留守になる」の形で)あることにのみ注意が向いて、別のことに気が回らないこと。 「攻めるばかりで守りがお-になる」
[句項目]

るす【留守】

姓氏の一。中世、陸奥国の豪族。鎌倉幕府御家人伊沢家景が陸奥国留守職を任ぜられ、留守と称す。後に伊達氏に服し、家臣となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

留守/留主の関連キーワード未帰還者留守家族等援護法空き巣狙い・空巣狙い夜泊まり日泊まりベビーシッターペットシッターリロケーション世話を掛ける陸奥国留守職家をあける家を空ける空き巣狙い差し出者城代家老跡を守る横を向く間が悪い留守勝ち伊沢家景神の留守留守友信

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android