コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観徳亭 かんとくてい

世界の観光地名がわかる事典の解説

かんとくてい【観徳亭】

韓国のチェジュド済州島)の中心都市、済州市の中心部にある済州島最古の木造建築物。李氏朝鮮の第4代王・世宗時代の1448年に兵士の練武場として建てられた。亭に掛けられた「射以観徳」の扁額(へんがく)は、世宗の三男・安平大君の筆といわれている。観徳亭の名前も、この「射者所以観盛徳也」(矢を射ることより、徳を磨け)に由来する。韓国の宝物第322号となっている。◇「クァンドクジョン」とも読む。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android