三男(読み)サンナン

精選版 日本国語大辞典の解説

さん‐なん【三男】

〘名〙
① 三人の男子。
※太平記(14C後)一六「伊弉諾(いざなぎ)・伊弉冉(いざなみ)の二の尊、遂妻神(めかみ)(を)神と成て天の下にあまくだり、一女三男(さんナン)を生給ふ」 〔後漢書‐折像伝〕
② 三番目のむすこ。
※中院本平家(13C前)一「其外に中御門の藤中納言家成卿の三なん、新大納言成親卿も」
③ (「夷三郎」というところから) 七福神の一つの恵比寿(えびす)をしゃれていう語。
雑俳・川傍柳(1780‐83)三「あまりうろたえ三男をうばひ取」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三男の関連情報