コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角島灯台

デジタル大辞泉プラスの解説

角島灯台

山口県下関市にある灯台。初点灯は1876年。高さは29.62m。保存灯台Aランクに指定されている。「日本の灯台50選」のひとつ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内の角島灯台の言及

【角島】より

…東部の台地上に農村の元山,南西岸に漁村の尾山があり,岩礁の多い沿岸沖合は北浦(県北の海岸地方)随一の好漁場で,ブリの一本釣り,イワシの刺網,建網などが盛んなほか,貝類やウニの漁獲も多い。島の南西端の夢ヶ崎には1876年点灯の角島灯台があり,近くの大浜キャンプ村は夏の観光客でにぎわう。【三浦 肇】。…

※「角島灯台」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

角島灯台の関連キーワード山口県下関市豊北町角島山口県下関市角島

角島灯台の関連情報