コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角度計 カクドケイ

3件 の用語解説(角度計の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かくど‐けい【角度計】

角度を測定する器具。測角器。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

角度計
かくどけい

角度を測定する器械の総称。普通は回転機構と円周目盛りを備えた器械をさすが、広い意味では角度ゲージなども含まれる。円周目盛りのかわりに、光学的または磁気的方法で自動的に読み取りのできる符号板を備えたものもあり、自動制御などに数多く用いられている。角度を電気信号などに変換する器械は角度エンコーダーまたは回転エンコーダーともよばれる。[三井清人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

角度計の関連情報