コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

解釈論 かいしゃくろん

大辞林 第三版の解説

かいしゃくろん【解釈論】

〘法〙 現在ある実定法に基づいてできる解釈の範囲内で主張を行う立場。 ↔ 立法論

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の解釈論の言及

【立法論・解釈論】より

…一定の目的を実現するために立法によって制定法の文言を変更し,または新たな制定法を設けるべきだとする主張が立法論である。これに対して現在ある制定法の文言から出発してそれに基づく解釈に終始することを解釈論という。通常は,〈解釈論としてはこういわざるをえないが,立法論としてはこうあるべきだ〉〈立法論としてはいえても解釈論としては無理である〉とか,立法論の形で主張すべきものを解釈論の形で主張している者に対して,〈その主張は解釈の枠を超えている〉といった表現によって,立法論と解釈論を区別するが,両者を区別する境界線はつねに明確であるわけではない。…

※「解釈論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

解釈論の関連キーワードハンス・C. ニッパーダイハインリヒ デルンブルク思想および良心の自由マッカーサー草案立法論・解釈論立法論・解釈論ABM制限条約国家自己制限説ペルシア文学国際労働機関勝本勘三郎自衛隊裁判岡松参太郎来栖 三郎佐々木惣一大隅健一郎川島武宜岩原紳作タバリー国際私法

解釈論の関連情報