コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立法論 りっぽうろん

2件 の用語解説(立法論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立法論
りっぽうろん

ある理想の立場から主張しうる立法政策。現実にある成文法規を前提として主張される解釈論に対する。たとえば「そういうことは解釈論としては無理だが立法論としてなら可能だ」というように用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

りっぽうろん【立法論】

〘法〙 一定の目的を実現するためには実定法の変更や新たな制定を行うことを主張する立場。 ↔ 解釈論

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

立法論の関連情報