コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

解離熱(読み)カイリネツ

大辞林 第三版の解説

かいりねつ【解離熱】

解離が起きるのに必要なエネルギー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の解離熱の言及

【解離】より

…一般に安定な分子の解離には外部から熱や光などエネルギーを供給することが必要で,それぞれ熱解離,光解離などと呼ばれる。解離に必要なエネルギーを解離熱あるいは解離エネルギーといい,たとえば,二原子分子の塩素Cl2,水素H2,酸素O2,窒素N2の解離熱はそれぞれ243,436,495,942kJ/molで,解離熱が小さいものほど解離しやすい。これらの値は,二原子分子をつくる化学結合の強さを表し,結合エネルギーとも呼ばれる。…

※「解離熱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる