計量米びつ(読み)けいりょうこめびつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

計量米びつ
けいりょうこめびつ

計量計をつけた米びつ。米を入れる胴の部分にレバーボタンがついていて,ボタンなどを操作すると,通常約 140gずつ下部の口から米が出てくる仕組みになっている。順次上から追加していくと下の古い米から使用することになる。など特別の計量器を要しないこととワンタッチで簡単に操作できる点が特徴。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android