訛伝(読み)かでん

精選版 日本国語大辞典「訛伝」の解説

か‐でん クヮ‥【訛伝】

〙 あやまって伝えること。また、まちがった言い伝え。誤伝
随筆・秉燭譚(1729)四「魚はこの字を伝するなるべし」 〔紅楼夢‐三三回〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「訛伝」の解説

か‐でん〔クワ‐〕【×訛伝】

[名](スル)誤って伝えること。まちがった言い伝え。誤伝。
「いろいろに誤解され―されている」〈寅彦・春六題〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android