訛散(読み)なまりちらす

精選版 日本国語大辞典「訛散」の解説

なまり‐ちら・す【訛散】

〘自サ四〙 訛りでどなりちらす。また、訛りの多い言葉で、しゃべりちらす。
※浄瑠璃・冥途の飛脚(1711頃)上「徒士・若党も刀の威光、銀拵へも胡散成、なまりちらして帰りしが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android