威光(読み)いこう

精選版 日本国語大辞典「威光」の解説

い‐こう ヰクヮウ【威光】

〘名〙 人がしぜんにおそれ敬い、それに従おうとするような勢いや力。権威威勢
※観智院本三宝絵(984)下「四には身のはだへやはらかになめらかにして威光ならびなし」
平家(13C前)六「大法秘法の効験もなく、神明三宝の威光もきえ、諸天も擁護し給はず」 〔曹植‐魏徳論〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android