威光(読み)イコウ

大辞林 第三版の解説

いこう【威光】

自然に人を服従させるような、おかし難い威厳。 「親の-をかさにきる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

い‐こう ヰクヮウ【威光】

〘名〙 人がしぜんにおそれ敬い、それに従おうとするような勢いや力。権威。威勢。
※観智院本三宝絵(984)下「四には身のはだへやはらかになめらかにして威光ならびなし」
※平家(13C前)六「大法秘法の効験もなく、神明三宝の威光もきえ、諸天も擁護し給はず」 〔曹植‐魏徳論〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

威光の関連情報