訴論(読み)そろん

精選版 日本国語大辞典「訴論」の解説

そ‐ろん【訴論】

〘名〙 訴え争うこと。訴訟
吾妻鏡‐寛元元年(1243)二月二六日「諸人訴論事」
随筆・折たくの記(1716頃)下「訴論の事も、禁獄のものも、多くの年所歴(ふ)れど事決せず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android