コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

訶梨跋摩 かりばつま Harivarman

1件 の用語解説(訶梨跋摩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

訶梨跋摩
かりばつま
Harivarman

4世紀頃の仏教の教義学者。中インドバラモンの子。サーンキヤ学派に属していたが,のちに仏教の説一切有部の学者クマーララータに『発智論』を聞き,次いで経量部や空観の影響を受けて『成実論』 (20巻) を著わした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の訶梨跋摩の言及

【成実論】より

…略称《成論(じようろん)》。ハリバルマンHarivarman(訶梨跋摩(かりばつま),250ころ‐350ころ)著。サンスクリット原典はなく,クマーラジーバ(鳩摩羅什)による漢訳(411‐412)のみ現存。…

※「訶梨跋摩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

訶梨跋摩の関連キーワード戒日王義学教義学大毘婆沙論北伝仏教竜樹ミリンダ王の問マンズシル寺院ゴアガジャ御牧克己

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone