評定尺度法(読み)ひょうていしゃくどほう(英語表記)rating scale method

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

評定尺度法
ひょうていしゃくどほう
rating scale method

評定法一種で,あらかじめ設定された明確な評価段階に従って,ある特定の事物事象を判断させる方法。その際用いられる段階的なカテゴリー評定尺度という。「よい,ややよい,普通,やや悪い,悪い」「甲,乙,,…」「A,B,C,…」「+3,+2,+1,…」など5~9段階の等級が多く用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android