コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

評定尺度法 ひょうていしゃくどほう rating scale method

1件 の用語解説(評定尺度法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

評定尺度法
ひょうていしゃくどほう
rating scale method

評定法の一種で,あらかじめ設定された明確な評価段階に従って,ある特定の事物や事象を判断させる方法。その際用いられる段階的なカテゴリー評定尺度という。「よい,ややよい,普通,やや悪い,悪い」「甲,乙,丙,…」「A,B,C,…」「+3,+2,+1,…」など5~9段階の等級が多く用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

評定尺度法の関連キーワードフルテキスト検索S.M.A.R.T.予めクローズドエンドリマインダーSMARTオートチャージオートバスペグ・カウント定量止水栓

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

評定尺度法の関連情報