コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

評定法 ひょうていほう rating method

2件 の用語解説(評定法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

評定法
ひょうていほう
rating method

事物や事象を評価する一方法。価値的経験や感覚的体験など,数量化しにくい事物や事象の特性を心理的尺度によって数量化し,順序づける方法で,その心理尺度の構成方法により選択法,一対比較法評定尺度法品等法などに分類できる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひょうてい‐ほう〔ヒヤウテイハフ〕【評定法】

数量的測定が困難な事象の質的差異・価値の程度を判定・選択し、順位づけを行う方法。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の評定法の言及

【多次元尺度構成法】より

… 一般に,心理的事象の研究では,対象の差異を既存の計測手段で計量できない場合が多い。尺度構成とは,このようなときに,なんらかの合理的な手続きにより,着目する特徴の強弱に応じた数量を各対象に付与することで,古くから評定法や一対比較法など,一次元の尺度構成のための多くの技法が使われてきた。評定法は,評定段階――強弱・優劣の程度を表す数値段階(5,4,3,2,1,など)または副詞カテゴリー(かなり強い,やや強い,……,など)――を用いて,多くの人が個々の対象を評定し,その平均を用いるなどして各対象の尺度値を定める。…

※「評定法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

評定法の関連キーワード鑑定人多面評価(360度評価)価値判断実在性過小(少)評価直近効果絶対価値評価と相対価値評価特許ポートフォリオバブルチャート再調達原価法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone