試胆会(読み)シタンカイ

精選版 日本国語大辞典の解説

したん‐かい ‥クヮイ【試胆会】

〘名〙 度胸をためすための催し。きもだめし。
※苦心の学友(1930)〈佐々木邦〉学監室の会議「『最後は若様方のお胆(きも)試しの件です』と言った。『試胆会(シタンクヮイ)でございますか?』と黒須さんが訊いた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる