苦心(読み)くしん

精選版 日本国語大辞典「苦心」の解説

く‐しん【苦心】

〘名〙 ある物事をうまくなしとげようとしてあれこれと考えて労すること。苦慮腐心
※補庵京華続集(1480‐82)前住相国雪菴和尚慈容「自幼隷相国、苦心篤学、罕見其比
※読本・椿説弓張月(1807‐11)拾遺「作者の苦心(クシン)、ここに説きも竭(つく)すべからず」 〔淮南子‐原道訓〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「苦心」の解説

く‐しん【苦心】

[名](スル)物事を成し遂げようといろいろ試みたり考えたりして苦労すること。「苦心苦心を重ねる」「苦心が実る」「苦心して作る」
[類語]腐心苦慮鏤骨苦労骨折りろう労苦辛苦辛労心労煩労艱苦かんく艱難かんなん苦難辛酸ひと苦労

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「苦心」の解説

【苦心】くしん

心を苦しめる。苦慮する。晋・陸機〔馮文羆に贈る〕 佇立してめば 悠悠として迴(はる)かにして且つ深し 索(離別)はより悲しむ 志士心多し

字通「苦」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android