コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苦心 クシン

デジタル大辞泉の解説

く‐しん【苦心】

[名](スル)物事を成し遂げようといろいろ試みたり考えたりして苦労すること。「苦心苦心を重ねる」「苦心が実る」「苦心して作る」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くしん【苦心】

( 名 ) スル
あることをなしとげるために、心をくだき苦労すること。 「 -の跡がみられる」 「 -してつくり上げる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

苦心の関連キーワード売り家と唐様で書く三代目無布施経・布施無経百日の説法屁一つ縁の下の力持ちいがみの権太志士苦心多しやっとの事で肺肝を摧く芸談・藝談骨髄を砕く知恵を絞る鬱悒・欝悒心肝を砕く肺肝を砕く身骨を砕く肝を消す稲村三伯心を砕く塞き侘ぶ骨を折る

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

苦心の関連情報