コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

認識なき過失 ニンシキナキカシツ

デジタル大辞泉の解説

認識(にんしき)なき過失(かしつ)

過失のうち、行為者が、罪になるような結果発生を認識しないで行為し、たまたま結果の発生を招くことになった場合をいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の認識なき過失の言及

【過失】より

…(2)刑法上の過失は,次のように分類される。(a)認識なき過失と認識ある過失 犯罪事実が発生するかもしれないと認識していたかどうかによる区別である。通常,犯罪事実の〈認識〉をこえた〈認容〉(犯罪事実が発生してもやむをえないとする意思的態度)がなければ故意は成立しない,と考えられているので,犯罪事実が発生するかもしれないと認識していても,認容がなければ過失だとされる(認識ある過失)。…

※「認識なき過失」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

認識なき過失の関連キーワード認識ある過失

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android