誤認(読み)ごにん

精選版 日本国語大辞典 「誤認」の意味・読み・例文・類語

ご‐にん【誤認】

〘名〙 まちがえてある物を他の物として認めること。誤って認めること。見まちがうこと。
東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉初「立て手を懐にする者は頼朝の大臣か。曰く、俳夫彦三狂言の写真也、誤認々々(〈注〉シクジリシクジリ)」 〔司馬光‐晩暉亭詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「誤認」の意味・読み・例文・類語

ご‐にん【誤認】

[名](スル)誤ってそれと認めること。見まちがえること。「事実誤認する」「誤認逮捕」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「誤認」の読み・字形・画数・意味

【誤認】ごにん

見違い。

字通「誤」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android