コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

課税単位 かぜいたんいtax unit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

課税単位
かぜいたんい
tax unit

個人所得課税にあたって所得計算をする場合の負担能力の測定単位をいう。社会生活の基本である家族関係において,その構成員のいかなる範囲を単位とするかによって,(1) 個人単位,(2) 夫婦単位,(3) 子供を含めた家族単位,(4) 子供,同居親族まで含めた大家族単位,(5) 生計をともにする個人の集合体としての家計単位などがある。個人単位をとる国としては日本,スウェーデン,カナダがあり,勤労所得については稼得者別の所得に課税され,資産性所得には合算主義がとられる。夫婦単位をとるのはイギリスアメリカドイツなどで,イギリスは夫婦単位合算非分割制,アメリカとドイツは夫婦単位合算均等分割制 (二分二乗制 ) である。またフランスは家族単位合算不均等分割制をとる唯一の国である。なお合算非分割制に比べて合算分割制は高所得層の累進課税に伴う税負担をより大きく軽減する効果をもつとみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

課税単位の関連キーワードミール(ロシアの共同体)N分N乗方式資産合算制度世帯課税司馬炎

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

課税単位の関連情報